読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のこんなときどうする?なるほどブログ

日常の「こんなときどうする?」というシチュエーションでのお役立ち情報についてご紹介していきます。

風邪を予防するには湿度管理が重要!今すぐできる湿度対策とは?

空気が乾燥していると風邪をひきやすくなったり、インフルエンザにかかりやすくなったりしてしまいますよね。

f:id:naruchan131:20170207162626j:plain

これは湿度が低いとウイルスも乾燥して軽くなり、空気中を舞っている時間が長くなるからです。

加えて人間のからだも乾燥によりのどの粘膜に潤いがなくなると、バリア機能が低下して感染しやすくなるのです。

ということで風邪を予防するには湿度管理がとっても重要になります。

一定以上の湿度を保とうとした場合、加湿器を使用されるかたが多いのではないでしょうか?

あえてここでは加湿器以外の方法をご紹介したいと思います。


風邪を予防する具体的な湿度管理法

風邪を予防するために重要なのは湿度管理ですが、湿度が高すぎてもカビの原因になってしまうため、50~60%の湿度を保つようにしましょう。

湿度管理の具体的な方法
・洗濯物を部屋に干す
・定期的に霧吹きを使って水をまく
・水を張った容器を部屋の何ヶ所かに置いておく

特に洗濯物を部屋に干す方法は、冬場の乾きにくい洗濯物が乾きやすくもなるため、まさに一石二鳥ですよ。

あと湿度管理には湿度計が必要ですね。

湿度が上がり過ぎたら窓を開け換気をすることで下がるので、上手に管理してみてくださいね。


湿度管理以外でおすすめの風邪予防法とは?

湿度を管理する以外でおすすめの風邪予防法
・鼻呼吸をする
・疲れをためないようにする
・ストレスを上手に発散する
・バランスの良い食事を摂る

あたり前と言えば当たり前ですが、意外と無意識でやってしまっている口呼吸は、ウイルスがダイレクトに体へと入ってきてしまいます。

鼻呼吸にするだけでも風邪をひきにくくなりますよ。

疲れが回復しないまま蓄積されていくと免疫力も低下してしまいます。

睡眠をしっかりと取り1日の疲れを次の日に持ち越さないようにしましょう。


最後に

昔から「風邪は万病の元」といわれているように、風邪をきっかけに様々な不調を引き起こすことがあります。

たかが風邪と甘く見ずに日頃から風邪をひきにくい体づくりと、環境を整えていきたいですね。