読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のこんなときどうする?なるほどブログ

日常の「こんなときどうする?」というシチュエーションでのお役立ち情報についてご紹介していきます。

ムダ毛を自己処理して最悪の結果に!エステ並みの自宅ケアとは?

あなたはムダ毛が濃くて自分で処理をしているけれど、黒ずみやブツブツができたりで、どうしたらいいのかわからないと困ってはいませんか?

   f:id:naruchan131:20170510142913j:plain

脱毛サロンに行って処理をしたいと思っても、未成年だったりすると親の同意が必要なために、許してもらえないとそもそも通えなかったりしますよね。

自己処理に比べてお金がかかるので、それもサロンでの脱毛をためらう理由のひとつかもしれません。

また普通にファッションを楽しみたいけれど、今のままじゃノースリーブ、スカート、水着など、肌を露出するようなスタイルはできないし・・・

という思いもあるのではないでしょうか。

要は安全できれいな自己処理ができればいいんですよね。

ということで、どんな自己処理方法が一番いいのか調べてみました。

ムダ毛の自己処理をするならどんな方法がいいの?

カミソリでのムダ毛処理

一番手軽でカンタンにできるのがカミソリでのムダ毛処理ですね。

入浴の際にボディソープをつけて処理をしているかたが多いと思いますが、実は絶対にやってはいけない処理方法なんですよ。

というのもお風呂場には雑菌がうようよしてるからなんです。

カミソリでムダ毛を処理すると少なからず角質を削っていることになり、角質のついたカミソリを水に濡らして放置していると、角質好きな雑菌がどんどん増えていってしまいます。

雑菌が付着したカミソリでムダ毛を処理し続けることは、肌荒れや黒ずみなどの肌トラブルの原因になるのです。

カミソリでムダ毛を処理する場合は、肌の乾いた状態に専用のフォームを塗り、その上から処理するようにしましょう。

毛抜きでのムダ毛処理

確実にムダ毛を処理できるけれど肌への負担がとても大きい方法です。

抜く瞬間の痛みを軽くし、抜いた後の炎症を抑えるためにも必ずアイシングをするようにします。

さらに抜いた後は保湿をしっかりして色素沈着を引き起こさないように気をつけましょう。

脱毛ワックスでのムダ毛処理

短時間で広範囲のムダ毛を処理できますが、脱毛時の痛みが強いという特徴があります。

毛根からムダ毛を抜き取るため、すぐに生えてくるということがなく見た目もキレイです。

ただし、肌への負担が大きいので敏感肌や肌の弱いかたには不向きの脱毛方法です。


電気シェーバーでのムダ毛処理

肌に優しく広範囲にわたって処理できるので、敏感肌のかたや肌に負担をかけたくないというかたにはピッタリの方法です。

安いものだと数千円で買えるため、脱毛サロンや高額な脱毛機器に比べると試しやすい方法だといえます。

ただし、安すぎたり、もともと作りが雑だったりすると、使い始めて間もなく壊れてしまうということもあるようです。

安易に値段の安さだけを基準にして買ってしまわずに、しっかりとどんな商品なのかを見極めた上で購入する必要があります。


最後に

こうしてみるとどれもメリット・デメリットがあるので、一概にこれがいいとは言い切れませんが、自分の肌質や予算、痛みへの強さなどを基準に選んでみるといいかもしれませんね。

 

でも・・・

痛いのはいや!
肌への負担が大きいのもいや!
お金もあまりかけられない!
処理後に見た目が汚いのは論外!

というかたにぴったりの脱毛法があると言ったらどうしますか?

しかも自宅でできて、1日1分塗るだけのカンタンケアなんですよ。

そんな脱毛法に興味のあるかたは、こちらから詳細を確認してみてくださいね。
           ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 自宅でエステ!?【パイナップル豆乳ローション】