読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のこんなときどうする?なるほどブログ

日常の「こんなときどうする?」というシチュエーションでのお役立ち情報についてご紹介していきます。

会社を辞めたい、ついていけないと思ったときの対処法

仕事の内容についていけない、不本意な辞令で異動させられた・・・など会社を辞めたいと思う理由は様々ですよね。

私も何度か転職をしていますが、会社を辞めたいと思った理由はTOPのやり方についていけない、人間関係に疲れたなど色々でした。

辞めたいと思ったときに辞められる環境にいるのなら、あまり悩むこともないのかもしれませんが、扶養する家族がいたりすると辞めること自体簡単ではありませんよね。

そこで会社を辞めたい、ついていけないと思ったときの後々後悔しないための対処法についてご紹介したいと思います。

f:id:naruchan131:20170222165404j:plain

会社を辞めたい、ついていけないときの最良の選択肢とは?

勤続年数に関係なく、会社を辞めたい、ついていけないと1度も悩んだことがないというかたは少ないのではないでしょうか。

入社したばかりだったり、異動や転勤して間もなかったりすると、仕事の内容が難しく自分には無理かも・・・と自信を無くしてしまうことがあるかもしれませんね。

また、職場の人間関係も会社へ行くのが嫌になったり、
会社を辞めてしまいたいと思ったりする原因になることがよくあります。

新たな仕事についたときに、自分の能力レベルをはるかに超える内容であれば、大きなプレッシャーに押しつぶされそうになることもあるでしょう。

どう考えて自分には向いていないと思う仕事もあるかもしれません。

会社を辞めたい、ついていけないと思ったらまず、そう思う理由について全て書き出してみましょう。

リストアップすることで漠然としていたものがはっきりし、ベストな対処法を選びやすくなります。

必要な技術や知識を学び努力すれば辞める必要のないケースかもしれませんし、このまま続けていたらうつ病などの病気になってしまうケースもあるでしょう。

また、どんなケースでも信頼し相談できる人がいるならまずは相談してみましょう。

それでも辞めたいと思う気持ちに変わりがなく転職を希望するなら、転職先が決まってから退職することをおすすめします。

既に体調を崩していて精神的にもかなりきついという場合、勤め続けることで症状を悪化させてしまう可能性もあります。

客観的に状況を見極めることが、仕事を続けるにしても辞めるにしても、後々になって後悔しないための対処法につながります。

転職を希望する場合は転職サイトなどを上手に活用して、より自分の希望に合った転職先を探してみましょう。

最後に

会社を辞めたい、ついていけないと思ったら、その理由について残らず書き出してみましょう。

新たな仕事が難しくプレッシャーからそう感じている場合、辞めようとするのは時期が早すぎるかもしれません。

既に心身共に何らかの不調が出始めている場合は注意が必要です。

信頼し相談できる人がいるのなら、まずは相談してみましょう。

どうしても会社を辞めたいという気持ちに変わりがない場合でも、新たな転職先が決まってから辞めることで、精神的な焦りも少なくて済みます。

一時的な感情に任せて会社を辞めてしまわずに、自分にとっての最良の方法を検討してみてください。